CKB@赤穂市文化会館 ハーモニーホール

コッパディ姫路

金属に何かを見る

鎌倉の先生のところに行って、いろいろと話す。もやもやは残るけど、それは自分で考えること。

夫も合流して藤沢でお昼をご一緒して、そこで先生とはお別れ。

夫が見たことがないというので鎌倉の大仏へ。藤沢駅からバスで移動。

よく晴れて温かい日でもあって、車中では昼食時のワインも後押しして、うとうと。

f:id:out-of-sound:20191227160030j:plain

胎内に入ると中は空洞で、それがまた“何でも投げ込める”というようなことのようで、畏れる。
口元は意外と力が入っている。

 

鎌倉駅近くでしらす丼を食べた。しらすがみずみずしくておいしい。

写真がぼけている。

 

夫は明日の仕事に備えて新幹線で帰宅。私はホテルへ。

明日は大好きな横浜でひとりブラブラするつもり。

20191214 CKB@神戸こくさいホール→ルミナリエ

京都で仕事。終わって昼食を鳳泉で。篠田屋で皿盛を食べようと思って鳳泉前をスルー。だけど定休日だったので、鳳泉まで戻った。
f:id:out-of-sound:20191226015221j:plain
からしそばと
f:id:out-of-sound:20191226015259j:plain
春巻。
焼売は売り切れていた。

頼むわ阪急さん、に乗って
f:id:out-of-sound:20191226015743j:plain
f:id:out-of-sound:20191226015612j:plain
神戸に移動。
f:id:out-of-sound:20191226015455j:plain
f:id:out-of-sound:20191226020838j:plain
10月の台風で延期になった分。元々は見られないはずだったものが、おかげで見られました。
かなり前の方で見られた。

そして
f:id:out-of-sound:20191226020041j:plain
ルミナリエは初めて行きましたが、オペレーションが完璧。三ノ宮から元町駅の先まで一旦歩く。大丸越えて角を曲がるとこの写真。「角を曲がると」が良い。声が出る。

三ノ宮から会場まで30分、会場を歩いて30分。会場までに何箇所か信号があるが、それ以外はノンストップ。

f:id:out-of-sound:20191226020133j:plain
f:id:out-of-sound:20191226020159j:plain
f:id:out-of-sound:20191226020225j:plain
f:id:out-of-sound:20191226020301j:plain
味園みたいなやつ。

22時きっかりになんのアナウンスもなくバチン!と灯りが消えるのも面白かった。
おのぼりさん的には楽しいイベント。地元の人にはいろんな思いがあるだろう。

『この世界のさらにいくつもの片隅に』

『この世界のさらにいくつもの片隅に』鑑賞。前作では”別離”が印象的だったが、今作では”結合””出会い”にもまた比重が置かれていたように思う。リンさんをすずさんのアナザーサイドとして(もちろん逆も真)描ききっていたのに感服。エンドロールに自分の名前を見つけて感激。

すずさんはいろんなものをあちらに見送ったけれども、だけれどそれゆえに、それでもこちらに根付いて生きていくということ。あちらとこちらの境界は揺らぎながら反転しながらそこにあるということ。これらのことが、より複雑に丁寧に描かれた作品でした。

「呉」の発音のこととか、前作の後に教えてもらったいろんなことを思い出しながら味わった。

CKB@ビルボードライブ大阪

18日2部に参戦。

カジュアルシートで遠いけど正面から。

「あるレーサーの死」メットにジャケットのレーサーコスプレから、スーツに戻っての「♪束の間の蜃気楼」が美しかった。

その他、クリスマス仕様の選曲。最後はアイシャちゃんの独唱で。

 

ビルボードでのライブは、凝縮されてて夢みたいな世界があっという間に通り過ぎる。

-------

ツイッターだと消えてしまうので、ライブの記録はメモ的であってもブログにつけることにした。

イケフェス2019

10/27(日)に、イケフェスこと、生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019に行ってきました。

 

お昼は渡邊咖喱のスパイスとんかつカリー。

中辛、ご飯中サイズ。

サラサラだけどスパイスが積み重なってだんだん汗がでる。おいしかった。とんかつがやわらかくジューシー。12時少し前に着いたら、2,3分の待ちで入れました。

 

マヅラ。

 

大同生命保険大阪本社ビル。

 

三井住友銀行大阪本店ビル。

ここで日本生命保険相互会社本館にも行ったんだけど、写真を取りそこねている。

大阪取引所。

恥ずかしながら、ここでもう証券取引は行っていないということを初めて知りました。

 

花組本社ビル。

村野藤吾デザインの家具、かわいい。

このソファの座り心地がめちゃんこよかった。

左官屋さんだけあって、壁の塗りが美しいのです。でも材料がもうなくて、補修が効かないんだそうです。

左官体験の方たち。我々はできず。

手すりのアール。

地下には、かつて貸し金庫室だった部屋。

一日たくさん見て、すっかり日が暮れました。

どの建物も、丁寧な案内ですばらしかった。特に浪花組はグループごとに社員の方が内部ツアーの引率をしてくださって面白かったなー。

来年も行こう。

 

プライバシーポリシー